マレーシア留学・移住のことなら

Luchouette Sdn Bhd (ルシュエット)

営業時間

日本時間          :9:00〜17:00

マレーシア時間:8:00〜16:00

休業日:土曜 / 日曜 / 祝日

【マレーシア大学進学・留学】語学留学の費用比較!マレーシアへの語学留学は安いの?

こんにちは!

マレーシア留学&教育移住コーディネーターのルシュエットです。

今回はマレーシアへの語学留学にかかる費用について徹底解説していきます!

英語を本格的に学びたいけど、留学はお金がかかると思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方に、マレーシアは最適な留学先になるかと思います!

この記事を読んで、留学の最初の一歩を踏み出しましょう!

 
                                     (最新情報:2024年5月時点)

人気の留学先との費用比較

元々、欧米への留学が一般的でしたが、最近ではフィリピンを含めてアジア圏への留学をする人も増えています。

そこで、イギリス・オーストラリア・フィリピン・マレーシアの4つの国の語学学校にかかる費用を比較していきます!

マレーシア:約135,500円

イギリス:約421,000円 (マレーシアの約3.1倍)

オーストラリア:約302,000円 (マレーシアの約2.2倍)

フィリピン:約175,000円 (マレーシアの約1.3倍)

(含まれる費用→入学費用/授業料/滞在費用)

(2022年7月現在

※1カ月間語学学校に通った場合の目安となります

費用は滞在先や留学先によって異なります

 

このように、マレーシアへの留学は費用を格段に安く済ませることができます。

欧米よりも安いのは当然のことながら、同じ東南アジアに位置するフィリピンよりも40,000円ほど安くなっています。

しかし、費用の安さは学校関係のみを指しているわけではありません。

マレーシアは物価が安いため、生活費を抑えることも可能です。

マレーシアの都市であるクアラルンプールの物価は、東京と比べて約3分の1となっており、東京の生活費の半分の値段で生活することができます。

そのため、海外生活を存分に満喫することもできます。

さらに、交通機関も発達しており、利便性の観点でも全く問題ありません。

マレーシアは語学留学をしてみたいという方にとって、最適な選択といえるでしょう。

 

マレーシアへの語学留学を検討してみては?

今回はマレーシアへの語学留学費用についてまとめました。

マレーシアは英語の勉強ができ、かつ費用も安く抑えることができるため、留学先として徐々に人気が高まっています。

また、マレーシアは異文化交流という面でも、さまざまな国の人と関わることができるため、おすすめです。

費用負担を理由に語学留学を躊躇っている方は、この機会にぜひマレーシアを留学先として検討してみてください!

ルシュエットでは、留学やマレーシアへの移住を考えている方向けに先着30名限定で無料のカウンセリングを行っています。

現地のマレーシアの情報や語学留学に関する詳しい情報を知りたい方は、気軽にご連絡ください。

 
 

Luchouette Sdn Bhd (ルシュエット) 事務局

 

まずはお気軽にお問い合せください!

【営業時間】

・日本:9:00〜17:00

・マレーシア:8:00〜16:00

【定休日】

・土曜 / 日曜 / 祝日

学校情報

  • コタキナバル
  • 年間授業料予算別インター

アクセス・受付時間

住所

A1-5-15, Arcoris,
No10 Jalan Kiara Mont Kiara, 50480
Kuala Lumpur, Malaysia

営業時間

・日本時間:9:00〜17:00
・マレーシア時間:8:00〜16:00

定休日

・土曜 / 日曜 / 祝日
※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

FACEBOOK

X

お支払い方法

日本からのお支払い
Wiseでのお支払いになります。
マレーシアでのお支払い
Wiseもしくは弊社銀行口座への振込になります。
弊社オフィスでのお支払い
現金もしくはクレジットカード(VISA・Master)がご利用いただけます。