マレーシア留学・移住のことなら

   Luchouette Sdn Bhd (ルシュエット)

ルシュエット営業時間

     日本     :10:00〜18:00
マレーシア:9:00〜17:00
 定休日     :土曜・日曜

毎月先着30名様限定!カウンセリング無料!

日本人が移住したい国ランキング14年連続マレーシアが第1位に!!

2020年12月7日更新

こんにちは!

マレーシア移住・事業コーディネーターのLuchouette(ルシュエット)です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

新型コロナウイルスが流行してから1年が経とうとしていますね。

現在もなお入国制限が続き、不安な日々も続いておりますが、

なんと!今年も移住したい国ランキング、マレーシアが14年連続第1となりました!

2位以降はタイ、ハワイ、フィリピン、台湾の順となっています。

マレーシアがロングステイ先として人気のイメージが定着してきていますね。

しかし、なぜ14年連続1位に輝くほどマレーシアが移住先として人気なのでしょうか?

本日はマレーシアが人気の理由についてご紹介させていただきます。

 

参照:一般財団法人ロングステイ財団「ロングステイ希望国・地域2019」

移住先として人気が高い国とは?

「マレーシアがなぜ移住先として人気が高いの?」

と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、その理由を探るために、まずは海外移住者が移住先に何を求めているのかをご紹介致します。

海外移住者が住みやすいと考える基準

例)海外移住者が住みやすいと考える要素3つは以下の通りです。

  1. 治安
  2. 生活環境
  3. 医療水準

 

この他にも様々な要因はありますが、主にこちらの3つを重視されることが多いようです。

上記は一例になります。

マレーシア移住先として14年連続1位の5つの理由

治安の良さ

マレーシアは東南アジアのなかでもシンガポールに次いで、治安が良い国として知られています。

治安が良いとはいえ、日本よりは、人が密集する観光地や商業施設ではある程度の注意が必要です。特にカメラやスマートフォン、タブレットなど高価なものはテーブルの上に置いたまま席を離れないよう注意する必要があります。

物価の安さ

海外移住で治安のほかに重視されるのが生活コストです。マレーシアの物価は日本の約3分の1ほどと言われます。 日本で生活するより費用を抑えられることも魅力の一つであると言えます。

例えば、

・屋台料理:56リンギット(約150円)

・ミネラルウォーター1.5ℓ:1.5リンギット(約40円)

※1リンギット=27円で計算しています。

だったり、飲み物と合わせても1食約200円で収まる場合もございます。日本では考えられない安さ!生活費が抑えられるのはうれしいポイントではないでしょうか?

ただしイスラム教の国なので、日本に比べるとアルコール類やたばこは高く設定されています。

また、家賃の目安については、エリアや物件を探す時期によって違いはありますが、プール・ジム付の高級コンドミニアム(高級マンション)を安価で購入することも可能です。

英語環境

一方で、海外移住をためらう理由として語学力が心配という声も多くあります。
特に東南アジア諸国はなじみのない言語が飛び交うため、日常生活で不便さを感じるのではないかといった不安な方も多いのではないでしょうか?

しかし、マレーシアの場合は日常的に英語が使われます。

その理由として、マレーシアはもともとイギリスの植民地であり、また多民族国家です。主にマレー系や中国系、インド系に分かれており、さらに少数民族も多くいます。このような多様な人々が意思疎通を図るため、共通言語としてマレーシアでは英語が使われています。

英語が苦手な方でもオンライン英会話レッスンで英語力を鍛えたり、英語の他にもや中国語レッスン、マレー語のレッスンで語学を習得されている方も多くいらっしゃいます。

さらに親子留学をされる方の中には、お子様と同じ語学学校に通いながら勉強される親御様も!

マレーシアでは、英語だけではなく、その他の言語も学べる環境であることが、移住先として人気の一つとも言えますね!

日本人に優しい国「マレーシア」

資金面や語学力面に続いて海外移住をためらう理由に「現地には知り合いがいない」ということがあげられます。

 マレーシアには日本人が多く住むエリア【モントキアラ】とう場所があるほど、日本人にとって住みやすい環境です。特にモントキアラには、日本人向けのお店も多く、日系のクリニックや学習塾、ダンス教室などもあるため、お子様を通じて、日本人同士のお友達作る機会も!

加えて、マレーシアが人気の理由の大きな要因の1つは、国民全体として親日であることです。マレーシアは、世界有数の親日国家で国民もフレンドリーであることでも知られており、日本人に対して、とても親切に接してくれることも多くあるでしょう。

安定した気候・自然災害が少ない

マレーシアは日本のように四季はなく、一年中常夏の国なので、寒さが苦手な方にとって、とても過ごしやすい環境になるかと思います。年間の平均気温は30度前後で気温の変化の幅が少なく、更に台風、洪水、火山、地震などの自然災害も少ないので、移住先として選ぶ理由の1つとして大きな影響を与えています。

関連記事

マレーシアがコロナウイルス対応力ランキングにて、世界で第2位に選ばれた際の記事になります。

マレーシア移住や留学に関して、よく聞かれる質問についての記事になります。

マレーシアは教育移住先としても、大人気!なぜマレーシアが人気なのか、徹底解説!

14年連続移住したい国ナンバーワンのマレーシアへ

今年は例年通りにはいかず、海外渡航が厳しい1年でしたね。

引き続き不安な日が続いておりますが、ワクチンの開発も進んできているようなので、1日も早く元通りの生活に戻れるよう願っております。

 

また、こんな時だからこそマレーシア移住に向けた準備が大切となってきます。

ルシュエットではマレーシアへの移住サポートをさせていただいております。

何から始めたらよいのかわからない、誰に相談したらよいのかわからない、1人で悩まれている方など、まずはこの機会にルシュエットへご相談くださいませ。

個別カウンセリングを通して、お客様お一人おひとりに合わせたプランをご提供させていただいております。

 

また、毎週水曜日に無料でオンラインセミナーを開催しております。

毎週異なったテーマで開催しておりますので、皆様から沢山のご参加お待ちしております。

セミナー詳細は公式LINEにて配信しておりますのでそちらの方も是非チェックしてみてくださいね★

 

ルシュエット(Luchouette Sdn Bhd )事務局

最新情報はこちらからも!

Facebookはこちら ▼

先着30名様限定!個別カウンセリング5,000円が無料!

お問い合わせ・ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合せください!

【営業時間】

・日本:10:00〜18:00

・マレーシア:9:00〜17:00

【定休日】

・土曜 / 日曜

毎月先着30名様限定!
カウンセリング5,000円無料 !

通常30分5,000円相当の電話カウンセリングを、先着30名様限定【無料】にてご提供させていただきます!

学校情報

アクセス・受付時間

住所

A2-12-07, Arcoris,
No10 Jalan Kiara Mont Kiara, 50480
Kuala Lumpur, Malaysia

営業時間

・日本時間:11:00〜19:00
・マレーシア時間:10:00〜18:00

定休日

・土曜 / 日曜

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

FACEBOOK

Twitter

お支払い方法

日本からのお支払い
PayPalでのお支払いになります。
マレーシアでのお支払い
PayPalもしくは弊社銀行口座への振込になります。
弊社オフィスでのお支払い
現金もしくはクレジットカード(VISA・Master)がご利用いただけます。