マレーシア移住をお考えの方へ、ワンランク上のサポートを

   Luchouette Sdn Bhd (ルシュエット)

ルシュエット営業時間

    日本     :9:00〜17:00
マレーシア:10:00〜18:00
 定休日  :土曜・日曜

9月末まで限定!カウンセリング無料!(5,400円)

コロナ感染拡大防止のためマレーシア政府ロックダウン決定!現地での生活への影響は?

こんにちは!

マレーシア移住カウンセリングならおまかせ!Luchouette(ルシュエット)です。

先週より、日本でも話題になりはじめているマレーシアでのコロナ感染拡大。イスラム教の国ということもあり、その宗教に関わる大きなイベントが要因で、一気にマレーシア国内での感染が広がったといわれています。

今後の大幅な感染拡大を防ぐため、マレーシア政府は3月16日に会見を開き、3月18日〜3月31日までの間、マレーシア国内での移動制限と、マレーシアの出入国を制限するロックダウンの発表をしました。

これを受け、マレーシア現地での生活にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。実際にマレーシアの首都クアラルンプールで生活するルシュエットスタッフが、現地情報をお届けします。

マレーシア政府が発表したロックダウンの内容

3月16日の夜22:00、全国民に向けて発信された現首相ムヒディヤン・ヤシン首相は、これ以上のコロナの感染拡大を防ぐための措置として、実質的な「国教封鎖」と「外出禁止」を発表しました。

内容としては下記になります。

  • マレーシア人の海外渡航禁止
  • 外国人のマレーシア入国禁止
  • 海外からマレーシアへ帰国したマレーシア人は2週間の自宅待機
  • 学校や大学、職務訓練学校等、教育機関は全て休校
  • 銀行・スーパー・郵便局・水道・電気等、ライフラインに関わる職種以外の営業は禁止。
  • 文化的イベントやスポーツ、集団での宗教活動(お祈り等)の禁止

これらの措置は、2020年3月18日〜2020年3月31日までを予定していますが、今後の拡大を懸念して政府が延長を決定した場合は、各学校・企業ともに、始業することができません。

日本でも現在、3月いっぱいまでは学校が休校となり、終業式や卒業式など、春の恒例行事もキャンセルとなってしまいました。授業が出来ないことから、各学校、多くの宿題が出ているとも聞きますが、マレーシアのインターナショナルスクールではどのような対応をしているのでしょうか。

2020/3/16

連日の感染者増加を受け、マレーシア政府がついに3月17日、政府がマレーシア全土におけるロックダウンを発表。インターナショナルスクール4月入学への影響について。

マレーシア移動制限による実生活への影響

学校は全て休校。授業はオンラインで毎日実施

今回の発表を受けて、各インターナショナルスクールは、オンライン授業を3月18日からスタートさせています。

先生方は自宅などからオンラインで授業を行い、生徒たちも自宅からオンライン授業のページへアクセス。アクセス履歴から出席を把握したり、専用ページにて宿題の提出なども可能となっています。

日本ではまだまだオンライン授業の実施は稀かと思いますが、3月16日深夜の発表にも関わらず、1日で準備を整え、授業進捗にできるだけ支障がないよう手配することが出来るというのは、日頃からオンラインでの体制を整えているマレーシアのインターナショナルスクールだからこその魅力といえるでしょう。

買い占めが数日起こるも、現在は安定

政府からの発表が出る前日3月15日から3月18日の間にかけては、スーパーや薬局でトイレットペーパーや食材などの買い占めが各地で起こり、レジは長蛇の列。これらの購買行動は連日、早朝から深夜まで続いていました。

しかし、実際に自宅待機の毎日が始まると、スーパーは基本的に通常通り営業されており、フードデリバリーもあるため、買い占め自体は長く続かず、今現在3月22日の時点ではみんな、比較的落ち着いた毎日を過ごしています。

フードデリバリー・テイクアウトの充実

マレーシアでは、日頃より「Grab Car(グラブカー)という配車アプリで、車の移動やフードデリバリーの習慣があり、その他にも「Food Panda(フードパンダ)」やドミノピザ、マクドナルドなど、フードデリバリーサービスが定着しています。

また、今回の発表を受け、外食文化が根強いマレーシアでは、各レストランが独自にデリバリーサービス・テイクアウトの対応をすぐに準備を整えていきました。通常の営業よりも売上は少ないと聞きますが、このように、現状を受けてすぐにオンラインサービスへと移行できるレストラン運営側の柔軟性と、それを受入れられるマレーシアの文化というのは素晴らしいもののように感じます。

インスタグラムなどのフェイスブックでは、テイクアウト・デリバリーが可能なショップがシェアされ、普段は競合ともいえるデリバリーサービスやレストラン同士をタグ付けすることで、みんなで飲食産業を支えていくコメントが広がっています。

マレーシアインターナショナルスクール4月入学への影響

いずれのインターナショナルスクールも、3月末もしくは4月1日にあるであろうマレーシア政府からの発表を以て、学校開始日と新入生の入学日を決定すると各学校より報告を受けています。

3月末を入学日としている場合は4月以降に延期、学期初日を予定しているインターナショナルスクールに関しては今のところ予定通り授業を開始するとのことです。

しかしながら、学校がマレーシア入国後、14日間の自宅待機を指示した場合は、実際に学校に通い始められる日にちが遅れる可能性がございます。

学校によって指示が異なるため、各学校からの指示を以て、弊社からまたご案内をさせていただきます。

今からでも遅くない!マレーシア移住の準備はプロに任せるのも選択肢

実際のところ、今回のコロナの影響を受けて、各学校対応に追われており、

「メールで問い合わせても中々返事が返ってこない・・・」

という声もよく聞きます。

弊社はマレーシア現地を拠点としているため、メール以外でのコミュニケーションを日頃から蜜に取っているので、最新情報を入手することができますが、日本からの問い合わせとなると、ハードルが高くなってしまう可能性もあるでしょう。これまで以上に不安を感じられる方も多いと思います。

ご自身でマレーシア移住の準備を進められていた方から、

「今後の入学サポートだけでも依頼したい」

というご相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

この苦境をいっしょに乗り越えていけるよう、精一杯のサポートをさせていただければと思います。

 

 

Luchouette Sdn Bhd (ルシュエット) 事務局

お問い合わせ・ご相談はこちら

まずはお気軽にお問い合せください!

【営業時間】

・日本:11:00〜19:00

・マレーシア:10:00〜18:00

【定休日】

・土曜 / 日曜

2020年9月末まで限定!
電話カウンセリング無料!(5,400円)

通常30分RM200(約5,400円相当)の電話カウンセリングが9月末まで限定無料!(5,400円)
ルシュエットのンラインサービスお申込の方には特典あり!

学校情報

アクセス・受付時間

住所

A2-12-07, Arcoris,
No10 Jalan Kiara Mont Kiara, 50480
Kuala Lumpur, Malaysia

営業時間

・日本時間:11:00〜19:00
・マレーシア時間:10:00〜18:00

定休日

・土曜 / 日曜

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。

FACEBOOK

お支払い方法

日本からのお支払い
PayPalでのお支払いになります。
マレーシアでのお支払い
PayPalもしくは弊社銀行口座への振込になります。
弊社オフィスでのお支払い
現金もしくはクレジットカード(VISA・Master)がご利用いただけます。